「福祉人財」の育成を目指して
  • ホーム
  • 「福祉人財」の育成を目指して
  • 資格取得
  • 講座の特徴
  • 開催予定講座
  • お問合せ・資料請求
  • 会社概要
  • TOPICS
  • リンク
福祉「人材」を、福祉「人財」に

超高齢社会を迎えた今、福祉に携わる者に求められること・・・それは、人の「数」よりも「質」であると考えます。私どもは、これからの福祉従事者として不可欠な教育・研修を実施、求められるニーズに対応し「人材」を「人財」に変えるためのお手伝いをしています。福祉社会にとってかけがえのない「人財」を短期間で養成するなど、さまざまなサービスを提供しています。

介護職員初任者研修とは

施設や自宅で暮らす高齢者や障がい者の生活を支援するための研修制度です。指定事業者が実施する養成研修の基本講習130時間以上を修了された方に「介護職員初任者研修」修了証書が交付されます。 この資格を取得して介護現場で働くと、訪問介護事業所では「ホームヘルパー」と呼ばれたり、施設では「介護職員」、「ケアワーカー」と呼ばれたりします。

介護職員初任者研修の資格を取得するには

介護職員初任者研修の資格を取得するには、厚生労働省が定める養成研修を受講し、所定のカリキュラムを修了する必要があります。カリキュラムを修了すると、受講した指定事業者名で「修了書」が授与されます。この修了書は、日本国内であればすべての場所で、各法律に基づいたサービス提供を行うことができる資格となっています。
例:北海道で受講・修了→東京都でも就労可

介護職員初任者研修講座に関する資料を請求する
介護職員の雇用状況は

介護職員の勤務形態はさまざまで、正社員のほか、パートタイマーなどが主な働き方です。とりわけ、パートの介護職員は慢性的に不足しています。少子高齢化によってこれまで以上に、身の回りをサポートしてくれる介護職員に対する需要は高まっているのです。

当社の「介護職員初任者研修」について

たくさんの時間、労力、そしてお金をかけて「都市部で受講」するのではなく、自分が住んでいる地域すなわち「居住地での受講」ができるよう各地で養成研修を開講。地方に居ながらにして介護職員初任者研修を受けられることは、大きなメリットです。また、講師は現役のベテラン介護員を選定。各種備品・器具においても、都市部で実施するものと違いがないよう、原則6〜8人で1ベッドを目安にした実技演習となっています。まさに、「地元で」「短期間で」受けられる、中身の濃い研修スタイルです。

介護職員初任者研修講座に関する資料を請求する